約2歳違いの男の子の兄弟の子育て

転勤で札幌に行き、そこで2人の男の子を授かりました。1歳11カ月の時に下の男の子が生まれたので正直上の子は「赤ちゃん」として認識するには難しかったと思います。自分がまだ世間から見れば「赤ちゃん」なのですから。言い聞かせても優しくできないし、邪魔なときは邪魔という態度で、兄弟とはこんなものなのだろうかと思いました。しかし上の子もまだまだ甘えたいし、だっこも独り占めしたいだろう。いろいろな所に連れて行ってもらい、夜は自分だけに本を読んでもらいたいと思っているかもしれない。下の子もまた然り。もう少し3~4歳違いで産めば良かったかもと何度も思いましたが、現に今この子たちがいるのでそんな「たならば」ということを考えるのはやめました。双子だと思い育てることにしました。子育てに反省する点は多いのですが、お昼に二人でくっついて寝ている姿をみるとと疲れが飛びました。またその姿をビデオに撮っていたので自分もその時に寝ればいいのにと後悔していたのは言うまでもありません。年が近いと大変ですが、あとは楽になると周りの人にアドバイスをもらっていました。その通りで二人とも小学生になるあたりから楽になってきました。赤ちゃんのころから小学生までシューズで駆け回っていた私でしたが、だんだんパンプスを履いてでられるようなりました。