母乳ダイエット

出産した女性のみならず、出産未経験である女性までもが気になるダイエット方法があります。それが、赤ちゃんにおっぱいを飲ませるだけで痩せるといわれている「母乳ダイエット」です。

粉ミルクを使わずに母乳だけで育てている母親は、授乳だけで1日に500kcal以上消費します。500kcalとなると、相当な運動量に匹敵するので、よほどの暴飲暴食がなければ、一食分減らして過ごすようなものです。

妊娠出産で増加した体重を授乳時期に妊娠前の体重まで減らす母親は、確かにたくさんいます。食生活に少し気をつけて授乳するだけで痩せるなんて羨ましい、と思う人は多いでしょう。実際はそうではありません。

母親は赤ちゃんが欲しがるたびに授乳しなければいけません。授乳中の母親は常に寝不足気味になります。買い物に出掛ければ、子どもを抱っこしたまま買い物袋を提げることもしばしば。夕飯を作るときに、子どもが泣き出せば、おんぶ紐でおぶったまま夕飯作りをしている母親もいます。

母親は授乳だけでカロリー消費が増えているのではありません。毎日の子育てでもしっかりカロリー消費をしています。「母乳ダイエット」は授乳と育児の努力のうえで成功するもの。決して、楽に痩せる方法ではないのです。